ホーム > 技術情報 > VMware > vSphere のクライアントインターフェイス

vSphere のクライアントインターフェイス

vSphere Web Client、VMware Host Client、vSphere Client。vSphereのクライアントインターフェイスは複数あるため、どんな時にどのクライアントインターフェースを使えばいいのかわからない…。そんな人のために、それぞれの違いをご紹介します!

こんにちは。EIT入社1年目の O です。

私は、入社してからVMwareの業務に携わっています。これまで業務の中で、vSphereのクライアントインターフェイスを扱ってきましたが、vSphereのクライアントインターフェイスは複数あり、慣れていない人は、名前を間違ってしまうこともあると思います。

今回はvSphereのクライアントインターフェイスの種類を整理し、紹介したいと思います!

 

クライアントインターフェイスの種類

vSphere環境にアクセスするためのGUIのクライアントインターフェイスには下記の3種類があります。

・vSphere Web Client

・VMware Host Client

・vSphere Client

 

それぞれのクライアントインターフェイスについてみていきましょう!

 

vSphere Web Client

vSphere Web Clientは、vCenter Server環境にネットワーク経由でアクセスできるブラウザベースの管理ツールです。現時点では最も主流の管理ツールになります。私自身も、業務でvCenter Server環境に接続するときは、基本的にこのクライアントインターフェイスを使っています。

 

 VMware Host Client

Host Clientは上記のvSphere Web Clientと同じように、ブラウザベースの管理ツールになります。このインターフェイスは単一のESXiホストの管理にのみ使用できます。

基本的にはvCenter Serverで管理していないESXiに接続するときや、vCenter Serverが一時的に使用不可になった時の緊急時管理などで使用します。

vCenter Serverで管理されているESXiホストに対して、Host Clientを使って仮想マシンを登録すると、ホストとvCenter Server インベントリの間で不一致が起こり、予期しない動作が起こることがあるので、注意しましょう!(詳細は下記URL)

https://kb.vmware.com/s/article/2078577

ESXiホストがvCenterで管理されているときは、基本的にvSphere Web Clientで操作しましょう!

vSphere Client

vSphere Client は、バージョン6.0以前で扱われてきたC#ベースのものと、バージョン6.5で登場したHTML5ベースのものがあります。名前は同じですが示しているものが異なるので注意が必要です!

 

vSphere Client(C#)

このクライアントインターフェイスは、Windowsマシンにインストールして扱うクライアントインターフェイスになります。バージョン5.5以降のリリースではvSphere Web Clientでしかサポートされない機能もある中、バージョン6.0までを扱う人は、このvSphere Clientを扱う人も多いように思います!

C#ベースのvSphere Clientはバージョン6.5になってから非サポートとなっているため、vCenter Server 6.5にはvSphere Client(C#)で接続できないようになっています。

ちなみに、ESXiについてはバージョン6.5時点でも接続することは可能です。(ESXi 6.5 Update 1からは接続できなくなっています。)

以下の画像では、vSphere Client(C#)でESXi 6.5に接続しています。接続はできても、サポートは廃止されているのでこのツールで管理するのはあまりおすすめできません。

ESXi 6.5 Update 1以上のESXiに接続しようとすると下記の画像のようなエラーが表示され、接続することができません。このことは、ESXi 6.5 Update 1のリリースノート(下記URL)にも記載されています。

https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/6.5/rn/vsphere-esxi-651-release-notes.html#vcenter-server,-vsphere-web-client,-and-vsphere-client-issues-resolved

 

vSphere Client(HTML5)

vSphere 6.5では、HTML5ベースの管理ツールが導入されました。これはvSphere Web Clientと同様にブラウザベースの管理ツールになります。vSphere Web ClientはFlashベースですが、このvSphere ClientはHTML5ベースであるため、レスポンスがとても早くなっています!

 

上の画像はHTML5版vSphere Clientの画面になります。シンプルになっていますね!

 

バージョン6.5時点では実装されている機能が少なく、管理ツールとしてはまだまだ利用できないものでしたが、6.5 Update 1d時点ではvSphere Web Clientで行うことのできるほとんどの機能が実装されています。

HTML5ベースのvSphere Clientで行うことのできる機能の詳細は、下記のURLに記載されています。

https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/6.5/rn/vsphere-client-65-html5-functionality-support.html

 

VMware社の動きとしては、今後新しいバージョンではvSphere Web Clientを廃止し、HTML5ベースのvSphere Clientを主流にするようです。(詳細は下記URL)

https://blogs.vmware.com/vsphere/2017/08/goodbye-vsphere-web-client.html

今後、vSphere Web Clientで行うことのできるすべての機能がHTML5版で実装されれば、よりスムーズに仮想環境を管理できるようになりますね!

 

まとめ

今回はvSphereのクライアントインターフェイスについて紹介させていただきました。名前が似ていてややこしいかもしれませんが、それぞれ示しているものが異なるので注意していきたいですね!主要なクライアントインターフェイスはバージョンによって異なりますが、今後はvSphere Client(HTML5)が主流になることで、仮想環境がより管理しやすくなるのは間違いないと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました!

免責事項

当サイトコンテンツのご利用に関しては、こちらをご確認お願いします。

お問い合わせ

各種お問い合わせに関しては、こちらからお願い致します。